交際クラブの経営は、どんな企業でも同じ


交際クラブを経営するために大変重要なのは従業員です。
これはどこの会社でも同じ。
会社を動かしているのは社員なのです。
社員選びも怠ってはいけません。
また、人件費を減らしたいからといって従業員を減らしては絶対にいけません。
人手不足だと一人に仕事の負担がかかりすぎてしまうからです。
そうなると、仕事はきついものでしかなく、新しいアイディアや仕事の意欲がうまれにくくなってしまいます。
男性会員と直接接することになる従業員は、きちんと接客対応できる人でなければなりません。
特に、高級店では、社会的地位の高いセレブな男性が多数在籍しています。
社会的に成功している男性は、扱われ方にうるさい人、厳しい人が多いものです。
粗相のないよう、対応できるスキルと素養を持ち合わせた従業員を教育しなくてはなりません。
従業員のスキルアップと教育体制をきちんと整えることが最も大切なことだと言えるでしょう。
このように、交際クラブを経営するためには、ふつうの企業と同じことが求められていることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
交際クラブをはじめるためには初期費用に100万円くらいかかるといわれています。
さらに家賃や光熱費などを入れた経費が月に150万円くらい。
人件費が月に80万円くらい。
その他が3万円くらい。
こうしてみてみると、ただ男性に女性を紹介するだけのビジネスなのに、結構かかるように思います。
結局、登録している女性と従業員の扱い方にすべてはかかっているといっても過言ではないでしょう。
これはどんな企業でも同じことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>